テキサス州知事は農民が合法的に麻を育てることを認める法案に署名

ニュース
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

テキサス州の共和党に属するグレッグ・アボット知事は月曜日、州の農民が合法的に大麻を栽培する事を認める法案に署名しました。この法案『House Bill 1325(HB1325)』は、州の規制物質リストから大麻を削除し、カンナビジオール(CBD)およびその他カンナビノイドで作られた製品を合法化します。

HB 1325 は、4月にテキサス衆議院議会を通過し、翌月州上院で承認されました。法案は議会の両院で全会一致の支持を受けています。

vapemania728*90

農民の新しい機会に

テキサス農場局の広報であるジーン・ホール氏は、4月の時点で大麻の合法化が州の農民に新しい選択肢を与えるだろうと述べています

「テキサスの農家や牧場主が大麻を作物の選択肢として持っていないのに、現在もっともな理由はありません。栽培可能になれば、多くの農家がこのオプションを選択するでしょう。大麻は干ばつ耐性のある作物であり、作物が現在育っている場所ならどこでも栽培することができます」

HB 1325が施行される前に、テキサス州農務省は作物の栽培を希望する農家に免許を付与する制度を含む、『大麻農業規制プログラム』を作成する必要があります。その後、計画を承認するために米国農務省に提出する必要もあります。

法案が議会を通過している間、州農業委員会のSid Miller氏は次のように語りました。

「テキサス州農務省が、テキサス州で産業用大麻プログラムを作成することを許可することは、州の農家に大きな成功の機会を与えるでしょう。そしてそれは、誰もが後押しするべきものです。大麻の栽培によって、テキサスの農民と牧場主全員が繁栄するのを見ることになるでしょう」

法案が議会を通過している間、州農業委員会のSid Miller氏は次のように述べました。

「テキサス州農務省が、テキサス州で産業用大麻プログラムを作成することを許可することは、州の農家に大きな成功の機会を与えるでしょう。そしてそれは、誰もが後押しするべきものです。大麻の栽培によって、テキサスの農民と牧場主全員が繁栄するのを見ることになるでしょう」

すでに大麻農業インフラが建設中

大麻と農作物の栽培者であるVillage Farms InternationalのCEO、Michael DeGiglio氏は、同社はテキサス州で大麻を栽培するために州から規制当局の承認を得ようとしているとプレスリリースで述べています。

「知事がこの法案に署名することは、テキサス大麻業界の先駆者としてのVillage Farmsに、大きなチャンスとなるだろう」

テキサス州での大麻合法化を予想し、Village Farmsは州内130万平方フィート(約12万平方メートル)のハイテク温室施設の半分を、大麻栽培およびCBD抽出施設に転換し始めました。

「大麻の生産のため、テキサス西部のペルム紀盆地温室の半分を転換する作業は現在十分に進行中であり、我々はテキサスが大麻とCBDのため規制の枠組みを確立すると、すぐに生産を始める予定だ。楽しみにしている」とDeGiglio氏は語りました。

参照:hightimes

タイトルとURLをコピーしました