【最新研究】大麻が線維筋痛症に適した治療法である可能性

ニュース By KSUK

アメリカ人の300万人〜600万人は、線維筋痛症、すなわち医師がほとんど理解していないため、効果的な治療に苦労する慢性疼痛症候群に苦しんでいます。何年もの間、多くの線維筋痛症患者は大麻で治療してきました。

国際疼痛学会では「治療を要すると期待される時間の枠組みを超えて持続する痛み、あるいは進行性の非がん性疾患に関する痛み」とされています。すなわち、「痛み」は、けがや病気など、体の異変を驚告する大切なサインで、通常では、病気の治癒過程で痛みも鎮まっていきますが、治癒しても痛みだけが残る、診察しても痛みの原因が不明の場合があります。それが慢性疼痛です。

セルフメディケーション

患者は自分の線維筋痛症を管理するために大麻を使用することが多いですが、大麻がこの疾患の有効な治療法となり得るかどうかを評価した臨床研究はわずかしかないのが現状です。

しかしながら、現在存在する研究は、すべて肯定的な結果を示しています。そして、線維筋痛症に対する医療用大麻治療の特徴、安全性、有効性に関する新たな研究は、さらに多くの証拠を追加しました。最新の研究の著者であるイスラエルの医学研究者チームによると、大麻は線維筋痛症のための適切な治療選択肢であるかもしれません。

大麻は線維筋痛症患者81%の痛みを軽減した

線維筋痛症の医療大麻の安全性と有効性(Safety and Efficacy of Medical Cannabis in Fibromyalgia)』という最新の研究は、今月発表された臨床医学ジャーナルで6ヶ月にわたり367人の線維筋痛症患者の大麻使用を評価しました。

患者のうち301人が女性であり、6ヶ月の評価期間の終わりには261人の患者が調査に参加しました(大麻治療を中止した患者もいます)。この調査は、大麻が線維筋痛症に関連する疼痛症状をどの程度上手に管理できたかについてのデータを集めることを目的としていました。研究チームは、医療用大麻治療に関連した副作用について患者に尋ねています。

結果は、大麻が線維筋痛症の治療選択肢として効果的で有ることを明らかにしています。この研究によると、患者はベースとなる疼痛強度9.0から、0〜10までのスケールで6ヵ月試験を実行しました。6ヵ月の評価期間の終わりに、疼痛強度の中央値は5.0に減少しました。さらに、194人の患者(81.1%)は、特に副作用無く自身の状態がある程度改善しています。

全体的に見て、研究者らは患者が6ヶ月間の医療用大麻治療によって、痛みの減少および生活の質の改善を報告する可能性が高いことを見出しました。大麻治療はまた、線維筋痛症患者がオピオイドの使用を交換または減少させるのを助けました。

研究は、22%の患者が「オピオイドの投与を中止または減少させた」と報告し、さらに20%の患者がベンゾジアゼピンの使用を減少させました。

医療用大麻は「安全かつ効果的」な線維筋痛症治療である

医療用大麻の有効性に関するデータに加えて、研究者は大麻を使用して線維筋痛症の症状を治療することの副作用に関するデータも収集しました。6ヶ月の研究を完了した線維筋痛症患者のうち、わずか8%未満の人が思わしくない副作用を経験したと回答しています。

データによると、最も一般的な副作用は軽度であり、7.9%の患者が軽度なめまいを報告しています。言い換えれば、7.9%の患者はTHCの精神活性作用が少し強かったと感じたということです。

他2つの最も一般的な副作用は、口渇が6.7%、そして胃腸症状は5.4%という影響を及ぼしました。

一般に痛み止めとして使用されるオピオイドの副作用は、吐き気、嘔吐、下痢、筋肉の痙攣、致命的な依存、中毒などです。これと比較してみれば、どちらを選択するか言うまでもないでしょう。

大麻治療の成功と副作用の少なさ両方を考慮し、研究者は「医療用大麻は線維筋痛症状の治療のための安全で効果的な代替法であるように思われる」と結論付けました。

研究結果には、以下の記載がなされています。

中毒および重篤な副作用の少なさを考慮すると(特にオピオイドと比較し)、大麻療法は標準治療に応答していない線維筋痛症患者における症状の負担を軽減するため、考慮されるべきである

この研究の調査結果は、医療用大麻と線維筋痛症に関する既存の文献に追加されます。

ドイツの研究者による2006年の研究は、2.5〜15 mg THCの範囲で行った経口大麻治療が、3ヵ月間にわたって9人の患者の疼痛症状を有意に減少させることを発見しました。

そして2011年のスペインでの研究は、大麻を摂取しなかった線維筋痛症患者に対する大麻治療の利点を比較しました。研究は、大麻が疼痛を軽減するだけでなく、硬直感から眠気まで、線維筋痛症に関連したほぼすべての症状を軽減するのに役立つことを発見しています。

参照:hightimes


カテゴリー:ニュース
タグ:オピオイド

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。