大麻の喫煙は精子を減少させない可能性が示される

ニュース
この記事は約3分で読めます。

*引用歓迎です。リンクを記載し自由にご使用ください

大麻は、男性の精子数を減少させるという長年にわたって唱えられてきた話があります。

試しにGoogleで検索してみると、『THCと精子数の減少』や『大麻の摂取と精子濃度の低下』という相関関係を主張する研究がヒットするでしょう。しかし、ハーバード大学の研究チームは反対の結論を示す説得力ある証拠を明らかにしています。

大麻を摂取することで精子数が上昇すると聞いて少し驚いたとしても、1人だけではないので大丈夫です。事実、今月初めに医学雑誌Human Reproductionで研究を発表したハーバード大学の研究チームでさえも発見には少し驚いたようです。

ハーバード大学の栄養と疫学の准教授であるJorge Chavarro博士は、プレスリリースで非常に驚​​いたと述べています。

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる

データセットについて

データを集めるため、ハーバード大学のチームは2000年から2017年の間にマサチューセッツ総合病院出生センターに登録されている662人の男性を検査しました。チームはグループから合計1,143件の精液サンプルを採取し、合計で365人の参加者が大麻を喫煙したことがあると報告しました。大麻を喫煙したことがあると回答した男性は、その他の人物より「有意に高い精子濃度」を含むサンプルが提供されたという結果が出ています。

この違いは重要です。研究者らは、大麻喫煙者には精液1mlあたり平均6,300万個の精子を発見しました。これに対して、大麻を喫煙していない男性の精子数は精液1mlあたり平均4500万個の精子だったのです。

ハーバードのチームは、データについて多くの説明を提供することができませんでしたが、大麻の喫煙と高いテストステロンレベルにある相関関係を示唆しています。

研究著者の1人であるFeiby Nassan博士は、テストステロンレベルが高い男性は危険な行動をする可能性が高いことを指摘しました。たとえば、違法薬物の摂取はチームの調査結果の説明に役立つ可能性があります。プレスリリース内で、Nassan博士は「大麻の喫煙と精子数、テストステロン値の間に見られる関係は、正常レベルの範囲内でも高いテストステロンを持つ男性は多くの精子数を持ち、大麻を吸う可能性が高いからだ」と主張しました。

科学的な人間のいない土地

しかし、喫煙したことを認めた参加者は調査が行われた時点でマサチューセッツ州は大麻の消費が違法であったという事実によって歪められており、さらに大麻を消費したと述べた参加者の5人に1人がまだ喫煙することを認めた事実によってさらに複雑になっています。

ハーバード大学の研究は、大麻の消費と多くの精子との関連を裏付けるいくつかの実質的な証拠を提供していますが、それはまた大麻に関する研究が十分に行われていないことを示していおり、確実なデータとより具体的な説明を確実にするために研究により多くの投資する必要があるといえます。結局のところ、大麻 は精子数を減らしたという主張も 、一見したところ同様に健全なデータです。

主任研究員のChavarro博士は、以下のように締めくくりました。

「我々の研究からの得られた予想外の発見は、大麻の生殖健康効果が実際にはあまり知られていないことを強調している。私たちが知っていると思うよりもずっと少ないのだ」

参照:cannabisnow

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる
ニュース
よろしければシェアお願いします!
420FourTwoOをフォローする( `・∀・´)ノヨロシク
420 FourTwoO (フォートゥーオー)
タイトルとURLをコピーしました