『ハイ』すぎてヤバい?落ち着くための方法を8つ紹介

学び By KSUK
ハイ

大麻の消費者は、誰か楽しんでなさそうな人がいれば、『ハイになり過ぎてる』と気づくはずです。

深呼吸をさせるなど、「戻す」方法は無数にありますが、一度バットトリップに入ると、不快な感覚は結構長続きするものです。

これは、どうにかならないのでしょうか。



大麻のハイはどのくらいで終わるのか

大麻を吸った後、どのくらいハイでいるかは、摂取方法、摂取量、個人差など、さまざまな要因に左右されます。

一般的に、大麻製品の効力が高ければ高いほど、つまりTHCが多いほど効力は長く続きます。

濃縮物は最も強力な大麻の形態で、後には花や食物が続きます。

一応、ここでは用量と身体の化学的性質がまだ決め手となることとします。

さらに重要なのは、日常的にタバコを吸っていて、大麻(マリファナジョイント)に強い人は、たまにパーティーへ行く人よりも、酔いが覚めるのが早いということです。

慣れというやつですね。

ハイ

逸話的に言えば、大麻の平均的な「ハイ」は、ピークが30分〜2時間ほど続き、その後しばらく尾を引くような影響が感じられます。

いくつかの株は、より長い「ハイ」を生み出すことが知られています。

ありがたいことに、大麻の過剰摂取で気分が高揚したり、不快に感じたときは、酔いを覚まして回復方法があります。

それでは、見ていきましょう。

早く落ち着く方法のヒント集

では、全8つの方法を紹介しますね。

1.パニックにならない

パニック

慌てないこと。

大丈夫です。

大麻の過剰摂取のほとんどは、数分から数時間以内に消失し、わずかな「ふらつき」以上の持続的影響はありません。

少し時間をかければ、このような状態はやがて過ぎ去ります。

また、聞いたことがあるかもしれませんが、過去、大麻の過剰摂取による死亡例は報告されていません。

ただし、これを挑戦状と受け取らないでくださいね笑。

2.水と軽食

水

水です。

水分補給を忘れずに行いましょう。水でもジュースでも、冷たい飲み物を用意しておいた方が良いです。

なお、カフェインを含まないのが好ましいです。

これにより、口の渇きを防ぎ、すすったり、飲み込んだりといった、単純で馴染み深い行動に集中できるようになります。

ただし、水で中和させるというのは、「アルコールを少しやめる」という意味ではありません。

ジョイントの影響を強く感じすぎている場合、THCの血中濃度を上昇させる可能性があるので、アルコールは避けてください。

軽いおやつを食べると、少し心が落ち着きます。

果物、ナッツ、チーズを食べてみて、心と体の安らぎが起こるか、試してみましょう。

3.消費する前に限界を知る

限界

可能であれば、許容レベルに応じて、セッションの準備をしてみてください。

このTipsは、すでに限界を超えている場合、役に立ちませんが、次回の不快な状況(バッドトリップ)を避けるのに役立ちます。

仲が良く、一緒にいて居心地のいい友人と一緒に楽しんでいる時、自分が対処できる量以上を消費するよう、プレッシャーを感じる必要はありません。

友達を作るのはいいことですが、不安になるような関係であれば、見知らぬ人に囲まれる方がまだ良いでしょう。

特に大麻食品を食べるときは、少しずづにしてください。

標準量の10mg(5mgでも良い)を服用し、少なくとも1時間待って、問題ないことを確認してから増量することをお勧めします。

ジョイントやボングの場合も同様で、煙を吸引しすぎない事をお勧めします。

4.ブラックペッパーを常備しておく

ブラックペッパー

妄想癖や不安と闘う場合、レストランや台所には大抵置いてある黒コショウが助けになります。

数粒のブラックペッパーを嗅いだり噛んだりするだけで、ほぼ瞬時に痛みが和らぐはずです。

5.落ち着いて安静にする

リラックス

落ち着いた静かな場所で、ゆっくりと深呼吸しましょう。

鼻から大きく息を吸って、口から吐いてください。呼吸に集中し、少し休むと良いです。

強い「ハイ」を止めるには、睡眠をとるのが一番ですが、脳をオフにするのは必ずしも簡単ではありません。

静かな場所を見つけたら、横になってリラックスすれば十分落ち着きます。

眠気や睡眠がすぐに始まるようであれば、そのまま寝て、元気を取り戻しましょう。

眠れないときは、、、

休んで元気を取り戻しましょう!

6.散歩に出かける

散歩

脳をオフにすることができない場合、景色の変化と血液を送り出すための新鮮な空気が、あなたを元気づけるのに役立つことがあります。

ただし、周囲の環境に近い場所へいることを忘れないようにしてください。

不安や妄想を感じているとき、迷子になったり、さまよったりしてはいけません。

また、立ちくらみやフラツキがひどい場合は、散歩を控えてください。

散歩できないときは、5番目の休息をお勧めします。

7.シャワーやお風呂に入る

シャワー

友人の家やお店に出かけてる場合、必ずしもそうとは限りませんが、自宅にいる場合は、リラックスするための快適な手段として、シャワーやお風呂に入ることをお勧めします。

8.気をそらす

映画

シラフに戻ってくるまでの間、気を紛らわす方法を提案しますね。

  • 面白い漫画を見る
  • 映画を見る
  • お気に入りのアルバムを聴く
  • ビデオゲームをする
  • 友人と話す(そばにいて安心させてくれるから)
  • 大切な人と寄り添う
  • 塗り絵をする(心を落ち着かせる効果があり、最近大人の塗り絵が大流行してます)
  • おいしいものを食べる

気を散らすものが何であれ、温かくて曖昧な感情を与えてくれる、身近な活動(日常でありストレスが無い)であることを確認しましょう。

あなたの脳がポジティブな感情に集中し、元気であることを穏やかに思い出させてくれることが目的です。

おまけ

CBDを試してみる

CBD

CBDは優れた抗不安薬であり、多くの人にとって、過剰なTHC摂取に対抗するため使用することができます。

CBDの抗不安機能が、THCに関連する受容体シグナルの伝達を調節することによって、どのように作用するかを学んでみましょう。

これらすべての提案が機能せず、不快感を感じている場合は、医師に大麻が不安発作を起こしていると伝えるましょう。

自己解決より、そちらの方が良いです(基本、日本国外にいる場合ですが😇)

一応、この最終手段は、大麻が違法な州でも活用できます。

医学的な観点から言えば、医師は患者に最大の関心を持っており、あなたが無事であることを確認するため、できる限りのことをしたいと思っているからです。

もし、バッドトリップを抑えて、シラフに戻るいい方法を知っているのなら、この記事をSNSでシェアしてコメントしてくださいね!

参照:leafly


カテゴリー:学び
タグ:CBD,THC,ジョイント,タバコ

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。