大麻の香りだけで行う車内捜査は違法であるとペンシルベニア州の裁判官が決定

ニュース By KSUK

ペンシルベニア州の裁判官は、大麻の香りに基づいて医療用大麻患者の車を捜索することは違法であるとの判決を下しました。今月初めに提出された意見書の中で、リーハイ郡のマリア・ダントス判事は、麻薬と武器の訴訟で証拠を除外し検察官に衝撃を与えています。

判決の発端

この判決は、ペンシルベニア州で医療大麻患者として登録されているティモシー・バー氏(27)の事件が発端です。11月、ペンシルベニア州ジャーマンズビル在住のバー氏は、交通違反で州警察官に車を止められた際、妻が運転する車に乗っていました。警察官が車の中で大麻の匂いがしたと言い、バー氏は州が発行した医療用大麻患者の身分証明書を見せました、

しかし警察は、まだ車を捜索する法的権利があり、少量の大麻と大麻残留物を発見したと主張。彼らはまた、運転席の下に積まれた拳銃を発見しました。バー氏は前科があったため、銃器の所持を禁じられていたのです。

ペンシルベニア州の様子

ダントス判事が下した判決には、バー氏が医療用大麻の身分証明書を見せた後でも、犯罪の可能性を警察官が疑うことは「非論理的で、非実用的で、不合理である」と書かれています。

大麻の香りはもはや、犯罪を示すものではない」とダントス氏は述べました

警察官は法律をまだ知らない

この事件はまた、一部の法執行官が、自分たちが執行しなければならない法律について、ひどく無知であることを明らかにしています。

ある州警察官は、医療用大麻には匂いがないと信じていたと証言し、もう1人の州警察官は州の医療用大麻規制の下で、乾燥した大麻はまだ違法だと思っていたと証言。大麻草は2018年8月から認可された医療用大麻調剤薬局で合法的に購入できるようになっていました。

警察官は、丸薬瓶に入ったマークの付いていない袋から1グラム未満の大麻を発見し、バー氏を医療大麻患者の身分であるにも関わらず、大麻を所持しているとして起訴したのです。

ダントス判事は、意見の中で次のように述べています。

「ペンシルベニア州の議員たちは、合法的な医療用大麻カードを持っている人たちが、大麻のパッケージに調剤薬局の名前が明記されていないために逮捕され、起訴されることは考えていなかった。こうした行為は、医療目的での大麻合法化を大きく妨げている」

裁判官は、車の中で発見された拳銃が武器事件の証拠として認められないと判断し「医療関係者と法執行関係者の間に明らかな断絶がある」と結論づけ、大麻と拳銃所持での容疑を棄却しました。

参照:hightimes


カテゴリー:ニュース
タグ:ペンシルベニア

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。