ニューヨーク
Photo by Carl Solder on Unsplash
Advertisement

本日から、ニューヨーク州では大麻(マリファナ)が合法となります。

現地時間水曜日、アンドリュー・クオモ州知事は、21歳以上の成人を対象とした娯楽用大麻を合法化する法案へ署名しました。

この法案は、数年にわたる失敗を経てようやく達成したものです。

声明の中でクオモ氏は以下のように述べています。

「ニューヨークの歴史的な日であり、過去の過ちを正すため厳しい懲役刑に終止符を打ち、州の経済を成長させる産業を受け入れ、苦しんできた人々が最初に恩恵を受けることができるよう、疎外されたコミュニティを優先する日である」

アンドリュー・クオモ
Photos from the opening of the new Delta Air Lines terminal in LaGuardia Airport in Queens, NY, on Tuesday, Oct. 29, 2019. (Chris Rank for Rank Studios) (Photos from the opening of the new Delta Air Lines terminal in LaGuardia Airport in Queens, NY, o

この法律は、ニューヨーク州で新たな産業を創出する道を開くものですが、規制された大麻の販売が開始されるのは、少なくとも1年半後になる見込みです。

New York Timesによると、「タバコを吸うことが許されている場所であれば、公共の場で大麻を吸うことが許される。ただし、地方自治体や州機関は、公共の場での大麻の喫煙をより厳しく管理するための規制を設けることができるし、大麻の喫煙は学校、職場、車内では許可されていない」とのこと。

また、新法は刑事司法と前科者の記録抹消についても言及しています。

クオモ事務所によると、この法律は「過去に大麻関係で有罪判決を受けた者が、この法律の下で合法となる場合、自動的に抹消または再審理を行い、必要な資金を提供する」ようです。

さらに、「室内空気清浄法に大麻を追加し、大麻を喫煙することができる場所の基準を設ける」としています。

参照:hightimes