ゲートウェイ
Photo by David Barajas on Unsplash
Advertisement

「大麻がコカインなどその他ハードドラッグのゲートウェイになる」

上記の主張している反対派は長い間いますが、新たな調査によると、大麻(マリファナ)が合法となった州の若者は、より危険な薬物にも手を出す可能性が高いようには見えません。

Journal of Substance Abuse Treatmentの3月号で発表された研究は、コロラド州とワシントン州に住んでいる、思春期(年齢12-17)、初期の成人(18-20)、後期の成人(21-24)において、2012年に成人の娯楽用大麻使用が合法化された後のデータを調べました。

著者は次のように述べています。

「レクリエーション・マリファナ合法化(RML)に起因する公衆衛生上の懸念は、大麻が若者の間でゲートウェイ(危険な薬物に手を出す始めのモノ)として機能する可能性があるという考えだ。この研究では、コロラド州とワシントン州のRML施行後に、コカイン、オピオイド、メタンフェタミンなど薬物使用障害の治療で入院した若者が増加したかを調査した」

研究者らは、コロラド州とワシントン州での娯楽用大麻合法化は、依然として禁止の州との危険物質使用率と比較して、「増加と関連していない」と結論付けています。

「今後の研究では、この結果を他の州、他の物質、高齢者、より長い期間へ拡大し、薬物政策の効果が異なる管轄区域間でどのように異なるかを検討すべきだ」と、テンプル大学とテネシー大学の研究者は述べています。

政策の根底にある薄っぺらいアイデア

大麻が「ゲートウェイ・ドラッグ」であるという考え方は、長い間論争の的となってきました。

そして、ゲートウェイドラッグになるという意見が政策に反映されてきたのです。

米国疾病管理センターは、「大麻を使用する人の大多数は、ハードドラッグを使用することはない」と認めていますが、「『ゲートウェイ・ドラッグ』であるかを理解するためには、より多くの研究が必要である」と主張し、話をそらしています

この研究の著者は、そのギャップを埋めることを目指していました。

また、成人の間で大麻の使用を合法化しても、10代の使用急増にはつながらないという研究は、Journal of Adolescent Healthでも昨年12月に発表されています。

参照:hightimes