【大麻】医療用、娯楽用の違いとは?

学び By KSUK

2012年、アメリカではコロラド州とワシントン州が娯楽用大麻を合法化した最初の州となりました。それ以前、大麻は特定の州で適格な病状のある人にのみ、医療目的でのみ合法でした。ワシントン州とコロラド州の後を追う州が増えるにつれて、「娯楽用」または「大人用」の大麻は、個人消費で一般的に使用される用語となりました。

では、消費者が持つ意図の区別以外には、医療用大麻と娯楽用大麻の間にはどのような違いがあるのでしょうか。



医療用と娯楽用のショッピング体験

ショッピング体験自体になると、医療用および娯楽用は同様の経験を提供する傾向にあります。資格のある医療用大麻患者は、合法的に大麻を購入するのに十分な年齢であることを証明するため、IDと有効な医療用大麻カードの両方を提示します。プライバシーを確​​保するために、医療施設によっては患者が一度に1人ずつ呼び出される待合室もあります。

多くの場合、娯楽用の店舗は顧客に医療目的でアドバイスをすることが許可されていませんが、医療患者は勿論買い物をすることができます。いくつかの店は「二重免許」であり、娯楽目的の消費者と医療目的の消費者、両方のニーズに応えることができます。二重免許の店舗は、医療患者に割引や減税を提供するでしょう。

診療所や二重免許を持った店は、特にセミナーや資格認定のような担当者が患者の質問に答えるため整備されています。よく訓練されたスタッフを見つけるまで、複数の調剤薬局を探検することを恐れないでください(俗に言うセカンドオピニオン)。

製品の選択に関しては、医療用メニューと娯楽用メニューの間にほとんど違いはありません。店舗では、食用、飲料、気化器、局所剤、株、濃縮物など様々な商品でいっぱいの棚を見られるはずです。

さまざまな特典

医療患者は、娯楽目的の消費者には利用できない特典を受け取れることがあります。一般的には、以下のような点です。

  • 価格が割引されたり減税される
  • THCの効力には限度が定められている
  • 数量制限
  • 承認された医療目的(癌やてんかんなど)で未成年者への法的なアクセス
  • 医療患者は自分自身の大麻を育てることを許可されるかもしれない(または娯楽用消費者よりも多い株数が許可される)

医療用と娯楽用の認識

アメリカ人の大部分が娯楽用途での使用よりも医療用途の大麻を支持しているので、社会的な汚名と認識はさらに医療用と娯楽用の間で境界線を引くでしょう。

場所によって、大麻を楽むために使用することは依然として公衆の目に多少禁じられていますが、カジュアルな使用がしたいために深刻な病気っぽく苦しむ必要はありません。

さまざまな利点を持つ新製品や医薬品が発売されるにつれて、娯楽用と医療用、両方の大麻のファンになることは簡単です。そして、州法が両方を合法とするようになるのは時間の問題でしょう。

参照:leafly


カテゴリー:学び

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。