Innovation Sharesが大麻投資のための上場投資信託(ETF)を提供

投資/経済 By KSUK

金融会社のInnovation Sharesは先月初め、大麻産業へ投資するための新しい上場投資信託(ETF)であるCannabis ETFを立ち上げたと発表しました。パッシブ運用のETFは現在すでに投資家へ提供されており、ティッカーシンボル<THCX>で取引されています。

Innovation SharesのマネージングディレクターであるMatt Markiewicz氏はプレスリリースで、「新しい投資ファンドは類似したEFTへの投資を避けながら、合法的な大麻産業のすべての分野を追跡する」と述べました。

「THCXは大麻専門ETFとして合法大麻やCBD、大麻企業に焦点を当てており、大麻市場に参入した投資家は「グリーン・ラッシュ」へ投資するため多様で流動性があり、費用効率の高い投資商品を求めている。私たちはその要求に応える準備ができている」

Matt Markiewicz、prnewswire

Innovation SharesはユニークなテーマのETFのスポンサーとして知られています。NYSE Arcaに上場しているCannabis ETFは、Innovation LabsのCannabis Indexを追跡しています。一部の推定によると、同指数は現在35銘柄で構成されており、2040年までに6300億ドル規模に達する可能性があるようです。

「米国内外でいくつかの規制触媒が浮上している中、現在の大麻における市場環境は投資家にとって刺激的な機会を提供している。昨年の連邦農業法の署名以来、爆発的な成長を見せている分野の一つは、大麻由来のCBD産業である。このCBDブームへ積極的に参加している企業は、大麻の栽培、抽出サービスの提供、あるいは医薬品、健康、消費者の健康市場での用途にCBDを利用している」

*上場投資信託とは、金融商品取引所で取引される投資信託の事。ETF、上場投信という略称がよく用いられる。一般の投資信託は金銭の出入りにより解約設定されるが、ETFは投信会社指定の現物金融商品による。一般の投資信託は組み入れ資産だけを証券化するのに対して、ETFは投資家の拠出する現物まで証券化する。(ウィキペディア

世界の成長が期待される分野

Markiewicz氏はCNN Businessのインタビューで、米国の連邦レベルで大麻が合法化されることが予想されなくても、大麻セクターは良い投資になると予想していると述べています。

「米国の連邦規制の明確化は、大きな転換点になるだろう。しかし、これは世界的な話であり米国だけでない。大麻企業を世界中、特にヨーロッパで良い機会のために探している」

Markiewicz

彼はまた、大麻産業への最良の投資には、大企業からまだエクイティ出資を受けていない企業が含まれると指摘。

「買収される可能性ある企業を所有したいのだ」とマーキウィッツ氏は言います。

Innovation SharesのCannabis ETFは7月9日に一株24.84ドルで取引を開始。前日比19セント高の22.37ドルで引けました。

参照:hightimes


カテゴリー:投資/経済
タグ:CBD,ETF,Innovation Shares

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。