自分にぴったりのCBD製品を見つける方法

学び By KSUK

CBDとして知られる大麻に含まれる非中毒性で治療効果の高い化合物は、人間にとって革命をもたらしました。研究は、CBDがてんかん、癌、痛み、関節炎、不安障害などの様々な症状の治療に有益であることを証明していますが、日常のストレスや軽い症状の緩和にも使用できます。

CBDは、様々なニーズやライフスタイルに合わせた形に抽出・加工することができます。以下で、自分に適している商品形態を見つけてみましょう。



オイル

CBDが多く含まれるオイルの人気は近年高まっています。特にCNNのドキュメンタリー映画「Weed」が、経口投与されたCBDで発作が大幅に減少した5歳のシャーロット・フィギ君の奇跡的な物語を取り上げて以来、その人気は非常に高まっています。

大麻は、高CBD株を用いて抽出し、非中毒性のオイルにすることができます。このオイルは、摂取したり、カプセルに入れたり、食品やスムージーに混ぜたりすることができます。非常に使いやすい形態です。

チンキ

チンキは液体の大麻抽出物で、舌の下に塗布します。アルコールや植物性グリセリンに浸漬された大麻チンキは、昔アメリカで禁止される以前、初期の医薬品の1つでした。他のオイル抽出物よりも濃度が低い傾向にありますが、吸収率が高いことからより早く効果が現れる傾向にあります。

局所薬

大麻成分を注入した外用薬は、さまざまな痛みを治療する患者の間で人気商品となっています。局所薬は皮膚に直接塗布することで局所的な緩和をもたらし、CBDだけでなく様々な治療化合物を含むことが多いです。香油や軟膏は無毒であるため、頭痛のない治療法が必要な方には局所薬が最適です。

食品

大麻を注入した食品には、THCが常に含まれているわけではありません。大麻製品の生産者の多くは、現在CBDを多く注入した食物や飲料を提供しており、食欲を抑えながらストレス、不安、その他の医学的症状の緩和が期待できます。

高CBDの大麻株

高CBDの大麻株は、THCの含有量に応じて、ほとんどか全くハイにならなくても即座に効果を得るため気化させることができます。ある株は、頭痛軽減のためにごく微量のTHCしか含んでいないこともあれば、THCとCBDのバランスが取れており軽度ではあるがハイな効果をもたらすこともあります。

もし、日本国外で大麻株を買うことがあれば、現地の人にCBDの含有量やTHCとのバランスを詳しく聞きましょう。

参照:leafly


カテゴリー:学び
タグ:CBD,THC

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。