ハワイは法律で大麻の所有を非犯罪化する事が決定!

ニュース By KSUK

現地時間の火曜日、ハワイは少量の大麻所持を非犯罪化し、大麻に関するいくつかの罰則を取り除く26番目の州(アメリカ)になりました。

ハワイでは現在も130ドルの罰金で大麻所持を処罰することはできますが、新しい州法の下で最大3グラムの大麻所持はいかなる懲罰に直面することはありません。法律はまた、3グラム以下の大麻所持で有罪判決を受けた人々の、刑事記録を抹消することを許可しています(過去に軽罰があっても取り消される)。

ハワイは大麻所持を非犯罪化する州に

少量の大麻所持が非犯罪化される新法は、2020年1月11日に発効されます。

ハワイ州議会は5月に法案を可決する前、法案に署名するためDavid Ige知事に書類を送りました。

Ige知事は5月時点で正式に法案へ署名しませんでしたが、要求された期限までに法案を棄却しなかったことから、知事の署名無しで正式な法案となっています(知事の拒否リストには載っていなかった)。

2週間前、Ige知事は非犯罪化法案が正式な法律になることを可能にする「非常に厳しい判断」であると述べています。

最終的には拒否権行使を見送ることにしましたが、「薬物乱用やその他のプログラムに参加し、薬物使用に対処したい」というように、若者へ多くの支援を提供する条項を法案に盛り込むことを望んでいるといいます。

法改正グループである大麻政策プロジェクトは新しい法律を歓迎していますが、保有量の少なさを批判しました。

同組織は、以下のように述べました。

「残念ながら、単純に大麻所持を非免除(または合法化)した州のうち、3グラムというのは最も少ない質量になるだろう。それでも、少量の大麻を所持することに対する刑事罰および懲役の可能性を排除することは改善ではある」

The Marijuana Policy Project

参照:huffpost


カテゴリー:ニュース
タグ:ハワイ

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。