フランスの保健省、医療大麻の「実験」計画を発表

ニュース
この記事は約3分で読めます。

*引用歓迎です。リンクを記載し自由にご使用ください

フランスは医療用大麻の合法化に向けて暫定的な措置を講じています。擁護団体によると、フランスの上院は2年間実験として医療用大麻の使用を承認するため、大規模な投票を行いました。

国の保健省が計画を承認すると、深刻なサプライチェーン問題が発生します。フランスの法律は国レベルで大麻生産を合法化していないため、試用期間の間、大麻をフランス国外から調達する必要があります。France 24の記事で報告されているように、患者に推奨される大麻はTHC含有量が低い品種です。

プログラムを監督している政府機関は、医師が計画を通して薬の処方が可能となる潜在的に適格な健康状態として、てんかん多発性硬化症痛みの緩和を指定しています。

また、他の治療に反応しない慢性的な痛みも挙げられます。医者は、医療用大麻の推薦が、健康問題の治療における最終手段と見なされるべきであると忠告しました。

健康製品の安全を担保するため、国家機関によって委任された専門家委員会は患者が大麻を手に入れる方法を決定するでしょう。それは恐らく、クレルモンフェラン大学大学病院センター疼痛クリニックのNicolas Authier氏が先導します。

Authier氏は、2年間の試用期間を他形態のアクセスへの潜在的な恩恵と見なしており、「合法化問題は2021年以前には起こらず、この実験の後にしか現れない」とコメントしました。

フランス当局は、このプロセスには軽快で迅速な対応策があると述べており、今後数週間以内に実現することを望んでいるようです。

同様に、アクセスをさらに拡大する法律については、いくらか動揺があります。

党は娯楽用大麻を合法化する可能性を表明し、医療用大麻を生産するために過去に地区の許可さえ申請しました。

「今のところ、私たちは医療用大麻について話している。しかし結局、私たちは健康大麻(THCレベルの低いサプリメント)を考慮しなければならないだろう」と、ある党員は言います。

フランスでは、成人人口の3分の1(18歳から64歳の人々の11%)が、麻薬・薬物中毒研究所によって大麻を吸っていることが分かっています。また、2015年〜2017年までの行動に焦点を当てたStatistaの調査によると、フランス国民の11%が過去1年以内に大麻喫煙を認めていました。

ヨーロッパは、大麻へのアクセスにおける世界的リーダーの1つです。大麻は、スペインとオランダで合法化され、スイス、ポルトガル、ルクセンブルク、ベルギーで非犯罪化されています。イギリスは医療用大麻システムを試していますが、これまでのところ制度上の問題がなかったわけではありません。

フランスは、2018年に大麻所持の罰金額を引き下げました。現在、少量の大麻所持は150〜200ユーロの罰金の対象となっています。ただし、フランスで0.2%以上のTHCが含まれる大麻を販売することは違法です。

参照:hightimes

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる
ニュース
よろしければシェアお願いします!
420FourTwoOをフォローする( `・∀・´)ノヨロシク
420 FourTwoO (フォートゥーオー)
タイトルとURLをコピーしました