安価で貧弱なVapeペンを避けなければならない理由

学び By KSUK

大麻のように楽しめるVapeは素晴らしいです。なぜなら、大麻を喫煙しているのと似たような効果を簡単に得ることが出来るからです。Vapeのシンプルさ、力強さ、フレーバーは、利便性と価格に一致します。そのため、市場で最も人気ある大麻製品の1つとなっているのは不思議ではありません。
そして、多くの場合はカートリッジやその濃縮物にお金を支払っています。その結果、なるべく費用を抑えようとする気持ちが働きます。Vapeペンはどこでも販売されており、安く入手しやすいでしょう。そのため、私たちはVapeペンにまで考えを働かせることはありませんが、それはいけません。
選択した端末は、文字通りあなたの体験を作ることも壊すこともできるのです。
ここでは、高品質な機器に投資を検討する理由と、安価で貧弱なVapeペンを避けなければならない理由を説明していきます。



安価で貧弱なVapeペンは体験を台無しにする

Vapeは非常に便利なものですが、私たちが間違っていることはたくさんあります。問題は、あなたが今も安価なVapeペンを使用している可能性があり、問題点を知らないということです。安いものでも最初は大丈夫に見えます。しかし、必然的に問題が起こるまでにそれほど時間はかかりません。最良のケースでは、カートリッジを変更するかペンを交換するだけで良いですが、最悪の場合、あなたは死ぬか顔は吹き飛びます。冗談抜きにです。

Vapeペンの仕組みとは

ここでは、カートリッジ自体ではなくペンについて話しています。悪いペンでは、不満足なカートリッジの弱点を浮き彫りにします。同様に、悪いペンはリキッドの効果を最大限活用できないようにします。
あらゆるペンの中心にあるのはリチウムイオン電池です。チウムイオン電池は安価に製造でき、ユビキタスで再充電可能です。バッテリの電圧は、通常適切なレベルに減衰させる回路を通っています。ほとんどのTHCカートリッジでは、平均2.7〜3.7ボルトです。いくつかのVapeペンは、安いものであっても異なる電圧設定が可能で、バッテリーの電流を多少減らすことができます。電流は、ペンとの接触点でカートリッジに渡されます。最終的に、電圧は発熱体として終わり、エネルギーは逃がすことで霧化させます。
それは簡単な設定ですが、コンポーネントの品質がすべての動作をもたらしていることはお分かりになりますでしょうか。低品質な電池、回路、組立ての不良は、あなたVapeペンを小さな爆発装置に変える可能性があります。安物買いの銭失いでは済まない可能性が往々にしてあるのです。

安価なVapeペンを避けなければならない4つの大きな理由

詳細を掘り下げてみましょう。ここには、安価で貧弱なVapeペンを避けなければならない理由があります。良いものを手に入れるためには、どんなものでも相応の費用がかかります。あなたは、機器へ投資したことを後悔しないはずです。

1.過熱しすぎることがある

Vapeペンのようなものは、大麻カートリッジの品質を大きく変化させます。全てのカートリッジは、不完全に健康リスクをもたらす可能性があります。使用しているとき、Vapeペンは非常に高温になっています。したがって、溶剤、農薬といった毒性化学物質を含まない純粋な大麻オイルであるときには問題ありません。加熱コイルやブッシングのような金属元素で満たされたガラスと金属の容器です。セラミックオーブンを備えたカートリッジでさえ、すべての金属を排除することはできません。気化した金属酸化物を吸引することは、決して良いものではありません。安価で貧弱なVapeペンはを使用することは、金属の酸化させるチャンスを増やすことに繋がります。
安価で粗悪なVapeが抱える最も一般的な問題の1つには、過剰に過熱させる傾向があります。過熱しすぎることは、あなたの健康とカートリッジに問題を引き起こします。カート内の噴霧器は過負荷になったり、ショートさせたりと深刻な打撃を与えます。
また、金属元素は許容限界値以上に加熱されると有害な化学物質を放出する可能性があります。要するに、過剰な加熱は発癌性物質を誘発する可能性があるということです。
反対に、十分に加熱されないバッテリーもあります。これは濃縮物に問題を引き起こします。カンナビノイドやテルペンを必要なレベルで蒸発させることができないので、豊かな風味と快い効果を奪います。濃縮物が適度に加熱されリキッド内の添加物を燃やされない場合、あなたの肺に蓄積する可能性があります。

2.電池が原因で重大で致命的な障害を引き起こす可能性がある

電話機が爆発する、車が爆発する、つまりVapeペンも爆発します。2009年から2014年の間、流行が急上昇する依然では、電子タバコが爆発するケースは数多くありました。
安価なリチウムイオン電池は、発火する傾向にあります。そして、悪天候に耐性がありません。10℃以下の寒さ、32℃以上の温度でリチウムイオン電池は性能を著しく損なう可能性があります。バッテリの短絡、過熱、発火、破裂の可能性があります。
さらに、安価なVapeペンは有効期限を超えても使用しようとそうとする安価な電池で構築されています。有効期限が経過したリチウムイオン電池は、過充電になると樹状突起と呼ばれるものに覆われ始めます。樹状突起は導電性かつガソリンほどの可燃性を持ちます。それは、まさに今年初めにアメリカで起こったVapeペンが爆発しユーザーを殺したときの事象です。他にも、重度のやけど、骨折、顔面骨の欠損などを負ったユーザーがいましたが、彼らは幸運でした。

3.格安Vapeペンを自身で修理しようとする可能性がある

あなたのVapeペンに誤動作を確認した場合、なるべく早急に新たなモノに交換するべきです。あなたは、ソーシャルメディアなどオンラインで簡易な修正方法を探し、Vapeペンを改造したり、DIYしている人々のコミュニティ全体を見つけるでしょう。
改造は素晴らしいもので、あなたのVapeペンをより安全にすることもできます。しかし、貧弱なVapeペンを修理した際に想定されることは、カートリッジに損傷を与え、漏れやエアギャップなどの問題を引き起こす可能性があります。

4.より良いものをいずれ使うようになる

安価で貧弱なVapeペンが持つもう一つの大きな問題は、その長寿です。ほとんどの場合、1か月分の充電サイクルに最適化されており、カートリッジを適切に暖めるために十分な充電状態をいずれ維持できなくなります。つまり、使用期間が長いほど悪化します。そのため、もう一度新たに2000円ほどのリグを買うためにショップに行くか、あるいはもっと安いものを購入するためオンラインに行くはずです。安価なVapeペンにはもちろんカートリッジは入っていません。さて、あなたはなぜ安価で長持ちしないVapeペンを購入するのか分からなくなるはずです。
 
高品質で丁寧に作られたVapeを購入しましょう。たしかに、想定よりも多く支払うことになるでしょう。しかし、心の安らぎに加えてより良い体験を楽しむことができるようになります。リキッドの効用を最大限に活用でき、日々の活動や睡眠を向上させるかもしれません。
市場には、詐欺品や偽造品が大量に氾濫しています。規制当局は、粗悪な機器を見守っているわけではありません。政府を当てにするのではなく、あなた自身で研究を行い本物で高品質なVapeを購入するため、行動に責任をもつべきです。


 
参照:hightimes


カテゴリー:学び
タグ:THC,Vape

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。