CBDと妊娠:妊婦がCBDを使用するのは安全?

学び By KSUK

CBDと妊娠活動を組み合わせることは、人気がありながらも物議を醸すトピックの一つとなっています。多くの人は、妊娠に伴う吐き気、つわり、痛み、および偏頭痛を緩和するためにCBDを使用するのが安全であるか知りたがっています。事実としては、大麻は母親が期待して使用される物質で最も人気のある「違法」物質です。

2014年の薬物使用と健康に関する調査(NSDUH)によると、妊婦の5.3%が大麻を吸っていたようです。しかし、THCを含まないCBDオイルはどうでしょうか。妊娠中のCBD摂取は安全でしょうか?



CBDとは

CBDはカンナビジオールの略であり、THCに次ぐ大麻植物で2番目に有名なカンナビノイドです。THCとは異なり、CBDは非精神活性であるため「ハイ」になることありません。CBDは、大麻における多くの医学的利点を提供します。

CBDとは?

  • 痛みと炎症の緩和
  • ストレス解消とリラクゼーション
  • 吐き気と胃腸の緩和
  • 食欲の刺激
  • 睡眠補助
  • 発作と震えのコントロール

CBDと妊娠の懸念

妊娠中に任意の物質を使用することは懸念するべきでしょう。それは、体内に取り込まれるすべての物質が発育中の赤ちゃんに影響を与える可能性があるからです。

これまでのところ、母親が出生前に大麻を使用することにおいて、先天性欠損症や生命を脅かすリスクの増加は関連付けられていません。しかし、医学研究者や専門家には依然として懸念があります。

大麻に含まれる化合物は、内在性カンナビノイドシステム(ECS)という形で身体に影響を与えます。ECSは、体内で恒常性またはバランスを促進するのを助け、気分、免疫、および疼痛知覚を含む多くの機能においてプラスの役割を果たします。大麻に含まれる活性化合物がECSに関与しているため、ハーブには薬効と精神活性の両方の効果があります。

同じシステムは、胎児および乳児の発達において重要な役割を果たします。主な関心事は、大麻の化合物が子供の発達過程を妨げ、潜在的な問題を引き起こす可能性があることでしょう。しかしこれまでのところ、入手可能な研究結果では何が目的かを見分けるのは難しいです。

CBDと妊娠における研究

現在のところ、CBDと妊娠についての研究はありません。しかし、CBDと妊娠に関する逸話的な情報は、時とともに増えています。効果を期待する多くの母親は、つわり、吐き気、そして疼痛、炎症、睡眠障害、そしてリラックスを助けるCBDの能力を絶賛しています。

体外受精において、胎盤に対するCBDの効果を調べた研究がいくつかあります。研究は、CBDが胎盤の生理学的特性を変化させ、より柔軟にすることができることを発見しました。これは胎児にとって潜在的に危険です。しかし、多くの研究者が、24〜72時間かけて胎盤はCBDを適応すると指摘しています。実際にCBDを服用している妊婦は、長期間にわたって間隔をあけ、非常に少ない量で服用しています。

大麻が妊娠に及ぼす影響についてのほとんどの研究は、THCに焦点を当てています。2018年の研究では、妊娠中の大麻の使用は低出生時体重と関連しているようです。この研究によると、「出生前の大麻使用は低体重の子供である可能性が50%増加しており、感染や新生児集中治療室で過ごした時間を含む深刻な将来の健康問題の段階を設定する」と記載されています。

しかし、妊娠中に大麻を使用することによる否定的な結果を見つけることができなかったという研究もあります。例えば、ジャマイカで行われた1994年の研究では、子宮内で大麻にさらされた新生児との間に有意な差は発見されなかったとされています。さらに、この研究では子供たちの追跡調査も行われ、研究者たちは1か月後に大麻にさらされた子供たちのほうが様々な症状が改善したことを見出しました。研究者は、「自律的安定性、警戒の質、いらだち、自主調整能力」に関して、「さらされていない」子供よりも優れていました。

CBDは妊娠中の服用でも安全か

赤ちゃんを新しい異物にさらすことには、ある程度のリスクがあります。Project CBDが指摘するように、胎児の発達、神経の発達、そして新生児の生存においてECSが果たす役割のために、THCやCBDのような植物性カンナビノイドを発達中の脳の内在性カンナビノイドに加える危険があります。しかし、真実は、妊娠中の母親は何十年もの間大麻を使用しており、ほとんどの子供たちは全く影響を受けていないと報告しています。

CBDは分娩に影響するか

プラス面としては、CBDは分娩中の収縮を軽減するかもしれません。2010年の研究では、合成CBD治療は体外受精した細胞のオキシトシン誘発子宮筋層(子宮)収縮を減少させることが発見されました。この研究はまた、THCと天然の内在性カンナビノイドであるアナンダミドが収縮に対して同様の効果を持つことを示す初期の研究を引用しています。

合成CBDの効果は、オキシトシン拮抗薬を含む早産を緩和するために使用されるいくつかの種類の薬物と同等でした。オキシトシン拮抗薬には、早期収縮を経験している母親に静脈内投与されるアトシバンのような薬が含まれます。

CBDは胎盤に影響を与えるか

2013年の研究で、出生前に行うCBD治療は胎盤の浸透性を増大させることができることが発見されました。これは、異物が胎盤関門を通過して胎児に入る可能性が高いことを意味します。母親が何にさらされたかによっては、胎児に害が及ぶ可能性はあります。この研究は体外で培養された細胞について行われた。しかし、これが人体の内部でどのように行われるのか、そしてこの変化を引き起こすために何がCBDのために必要であるのかについての指示はありません。しかし、別の2013年の研究でも同様の結論が出ています。「妊娠中の大麻使用は胎盤の保護機能を低下させ、その形態的および生理学的特性を変化させる可能性がある」と述べられています。

これらの前臨床試験によると、CBDにさらされると胎盤に有害な影響を与える可能性があります。

妊娠中にCBDを摂取する際のアドバイス

もしあなたが真剣に妊娠の副作用を補助する目的でCBDの使用を考えているならば、最も安全で最高品質のCBDを服用するためのアドバイスがいくつかあります。

  • 有機性および非GMO CBDを購入しなさい:麻の植物は自然に土から毒素を吸収する、従ってあなたはあなたの大麻CBD製品が農薬または他の化学物質なしで有機的に成長していることを確認する必要がある
  • CBDが第三者ラボによってテストされていることを確認してください。
  • THCを避ける
  • 喫煙を避ける:食用、舌下または局所CBD製品を探す。Vaping CBDも選択肢になり得る
  • エタノールまたは他のアルコールで抽出されたCBDチンキ剤を避ける
  • 微量投与し、必要に応じて使用する

妊娠中にCBDを使用するかどうかを決定することは、母親が行うための大きな決断ですので、まずは医師に相談することを推奨致します。多くの女性にとって、妊娠は非常に激しい感情や体調の起伏を伴います。吐き気やツワリは一日中続くことがあり、食欲をコントロールすることは苦労することです。オーガニックオイルを処方薬として服用することの選択を提示された場合、多くの女性がCBDオイルを選択しています。

CBDと妊娠に関する研究がより活発に行われるまで、安全かどうかについて明確な答えを出すことは非常に困難です。妊娠中にCBDオイルを使用したことがありますか?

コメントで体験を教えてください!

参照:herb


カテゴリー:学び
タグ:CBD,THC,妊娠,子供

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。