CBDとアルコールの間に起こること

学び By KSUK

CBDを注入したアルコール飲料は、大麻業界が活発になるに連れてバーやレストランのドリンクメニューとしてアメリカでは一般的になってきています。ここでは、この二つの強力な物質を同時に消費することに関していくつかの疑問を投げかけていきます。

CBDとアルコールを一緒に摂取しても安全なのでしょうか?そして、どんな効果がありるのでしょうか?

アルコールとCBDを同時に摂取することで人体に何が起こるか見ていきましょう。



CBDとアルコール

あなたはCBDがアルコールの効果をより強くするという都市の伝説を聞いたことがあるかもしれませんが、それは真実ではありません。

CBDとアルコールの相互作用を調査している最近の研究は、いくつかの決定的な結果を発見しました。ロバスト二重盲検プラセボ試験では、アルコールと混合したCBDの薬理学的効果に加えて、認知機能障害と精神運動機能障害の両方をテストした結果、最終的に両者の間に観察可能な相互作用はないことがわかりました。

これは、CBDはアルコールによって引き起こされる中毒症状を増加させず、またCBDはアルコールと混ざることで精神活性にならないということです。興味深いことに、この研究はCBDが血中アルコール濃度を著しく減少させることを発見しましたが、不思議なことに中毒の減少とは相関しませんでした。

つまり、アルコールとCBDを共に摂取したとしてもあなたの精神を変えさせることはありませんし、ハイにもなりません。CBDはアルコールと混ぜ合わせても安全に摂取できるので、カンナビジオールモヒート(CBDモヒート)を飲んでいるとしても、体に害は及ばないとあなたは確信することができます。

CBDと肝機能

アルコールを摂取すると肝臓が損傷することはよく知られていますが、CBDと共に摂取することで何らかの影響は起きるのでしょうか?

アルコールを摂取すると肝臓が酸化によるストレスを受け、炎症を引き起こします。したがって、CBDが持つ抗酸化作用と抗炎症作用がアルコール誘発性肝障害の治療に大きな可能性を与えることは論理的に思えるのではないでしょうか。

本格的なヒト試験はまだ行われていませんが、マウスで行われた研究結果はCBDがアルコールの大量消費によって肝臓にかかる酸化的および硝酸ストレスを減少させることが発見されています。CBDを注入したカクテルは、アルコールとの相性だけではなく体にとっても優れているかもしれません。

これらの知見が、ヒト集団において有効かどうかはまだ確認されていません。さらなる研究が必要ですが、事前調査の結果はCBDがアルコール誘発性肝障害を治療する能力において、大いに有望であることを示しています。

アルコール依存症とCBD

頻繁に飲酒することはアルコール中毒を引き起こします。アルコール依存症は、アメリカの成人12人に1人の割合で発症している、今日最も深刻な健康問題の1つとなっています。アルコール依存症は多くの依存症のうちの1つであり、CBDは中毒症状を抑制したい人々にいくつかの潜在的な利点を持っています。

これまでの研究で、CBDは薬物中毒者のための介入治療として素晴らしい可能性を示していると結論付けられており、そのなかにはアルコールも含まれています。依存症を引き起こす脳内報酬系のシステムと相互作用することによって、CBDは欲求を軽減し中毒再発の可能性を減らすことが示されました。

アルコール禁断症状とCBD

アルコール禁断症状は、身体的な症状として不安や落ち着きのなさ、震え、極端な吐き気、幻覚、そして生命を脅かす可能性のある発作まで、軽度から重度まで進行します。

今のところ、CBDがアルコール禁断症状に対する有効な治療法であるという証拠はありません。しかし禁断症状の原因である「脳内報酬」の欲求を抑えることにおいて、CBDが果たす役割はさらなる調査の価値があるでしょう。

二日酔いとCBD

二日酔いは最悪です。過剰な飲酒の夜の後には、吐き気やめまい、頭痛が午前中にあなたを待っています。しかし、イブプロフェン(プロピオン酸系に分類される非ステロイド系消炎鎮痛剤)を手にする前にCBDを代替手段として検討する必要があります。

それは、二日酔いがアルコール禁断症状による結果ではないからです。二日酔いの頭痛は、脱水症状による炎症が引き起こしているので、CBDの抗炎症作用が助けになるかもしれません。CBDは飲酒によって引き起こされる炎症を軽減する可能性があります。さらに、カンナビジオールには鎮痛作用と吐き気抑制作用があるため、二日酔いが引き起こす全ての症状に役立ちます。

次回、たちの悪い二日酔いになった際は、CBDを試してみませんか?多くの水を摂取するともに、寝る前に少量のCBDを取ってみましょう。CBDは、あなたの生活に素晴らしい影響を与えるかもしれません。

参照:herb


カテゴリー:学び
タグ:CBD,アルコール

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。