最新の研究で大麻が統合失調症の治療で有効な選択肢であると示される

ニュース
この記事は約3分で読めます。

*引用歓迎です。リンクを記載し自由にご使用ください

ニューメキシコ大学の研究では、大麻は統合失調症における効果的な治療方法の選択肢かもしれないという結果が出ています。この報告書はMedicines誌に掲載されたもので、ニューメキシコ大学心理学部のJegason P. Diviant氏とJacob M. Vigil氏、経済学科のSarah S. Stith氏によって発表されたものです。

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる

安全かつ効果的な治療オプション

研究者らは、統合失調症の発現における環境因子、特に自己免疫活性の影響に関する以前のデータを検討しました。研究者らはまた、免疫学的機能を調節する大麻治療の役割を探究しています。

この研究の結果から、大麻は単体または他の薬と組み合わせることで、統合失調症において有効な治療法であり得ることが発見されました。研究の著者らは、文献のレビューで「フィトカンナビノイドの摂取は、統合失調症において安全かつ効果的な治療の選択肢となる可能性がある」と示しています。

そして、研究者らは大麻の使用は精神障害患者にとって効果的な治療方法の一部となりうると結論づけました。

この研究で、大麻は環境や自己免疫、神経炎症の原因に焦点を当てた、より広範な病因学的視野の中で、統合失調症の治療薬として使用できることが示唆され、精神系の病気に悩まされている人々に新たな希望を提供する」と記述されています。

研究者らは、人々は約200人のうち1人が精神分裂症であり、大麻はこれら疾患の最も一般的な治療薬であると指摘。

集団のおよそ0.5%が病的な状態で存在するという、一般的な見解の下で、これは統合失調症と診断され、モノアミン受容体に作用する医薬品を用いて最もよく治療される」と研究者らは記述しています。

CBDは有望

THCが、一部の人には、統合失調症の症状を悪化させる可能性を示唆しているデータもありますが、最新の研究によるとCBDは疾患に対する有効な治療法であるという可能性が示されています。
CBDは、特に統合失調症の安全かつ効果的な治療選択肢であり、統合失調症の炎症性の原因と、理解が不十分な病院が疾患を治療する際の潜在的重要性の両方をサポートする。そして、強い抗精神病薬を衰弱させる副作用がある」と記述されています。

また、ある研究はCBDが統合失調症を治療するために使用される、他の薬剤の有効性を高めることができることを示しています。

統合失調症患者で行ったプラセボ対照試験では、CBD治療は患者の抗精神病治療の効果以上の正の精神病症状に影響を及ぼすことが示された

深刻である統合失調症

統合失調症は、人がどのように感じ、思考し、行動するかに影響を及ぼす、慢性的な重度の精神障害です。 病気の人は、あたかも現実感を失ったように感じるかもしれません。

現状、統合失調症の正確な原因は分かっていませんが、遺伝的要因や周囲の環境、脳構造の変化が、この疾患に寄与すると考えられています。

一般的な治療には、抗精神病薬などが様々な治療法と併用されていますが、統合失調症の完璧な治療法はいまだにわかっていません。

参照:hightimes

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる
ニュース
よろしければシェアお願いします!
420FourTwoOをフォローする( `・∀・´)ノヨロシク
420 FourTwoO (フォートゥーオー)
タイトルとURLをコピーしました