謎に満ちたテルペンの一種「フェランドレン」とは?

学び
https://flic.kr/p/tNcJ6D
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

大麻で発見されたテルペンの長いリストのうち、市販されているほとんどの大麻株で一般的なものは約30種類しかありません。その中で最もよく知られた8種のテルペンは、リモネンピネンフムレンオシメンミルセンリナロールカリオフィレンテルピノレンです。これ以外にも、約20種の二次テルペンがリストに載っていますが、大麻での含有量は多くなく、また研究も少ないという現状にあります。

フェランドレンは、研究者からあまり注目されていない二次テルペンの一つです。私たちが知っていることは、一般的なユーカリ植物種に由来する一対の有機化合物であり、α-フェランドレンとβ-フェランドレンに分けられるということです。

フェランドレンは、ミント、森林、そして穏やかな柑橘系の芳香を生み出し、容易に吸収されるたね多くの化粧品に含まれる一般的な物質となります。また、抗真菌性と抗菌性のために使用でき、長い間東洋医学の主要なものでした。

徹底的な研究は現在なされていませんが、二次テルペンについて分かっている事を調べていきましょう。

vapemania728*90

ファランドレンを含む大麻

このテルペンは謎めいていますが、大麻の合法化により、さらに研究される可能性が開かれます。2017年の研究では、大麻株「Trainwreck」と「Jack Herer」からα-フェランドレンが検出されました。これは、カリフォルニアの調剤薬局で販売されていた30品種で233サンプルの中からガスクロマトグラフィーにより試験されました。

この研究では、大量のテルピノレンを含む大麻株における二次特性として、フェランドレンを分類しています。この研究後のモデルでは、「Ace of Spades 」と「SAGE」も微量のα-フェランドレンとβ-フェランドレンを含んでいるこたが分かりました。

フェランドレンのユニークな特徴

α-フェランドレンとβ-フェランドレンは非常によく似ていますが、化学構造がわずかに異なる一対の有機化合物です。1900年初頭に発見される以前には、フェランドレンはリモネンとピネンと誤認されていました。ユーカリオイル中で化合物を試験した時、初めてフェランドレンが実際には1つではなく2つの異なる異性体化合物であることが発見されました。フェランドレンは吸収率が非常に高いので、多くの化粧品で一般的な添加剤となりました。

ユーカリで最も顕著ですが、フェランドレンは以下のような植物のエッセンシャルオイルにも存在します。

  • ミント
  • イノンド
  • 黒胡椒
  • シナモン
  • パセリ
  • ラベンダー
  • ヒメウイキョウ
  • ショウガ

フェランドレンが持つ医療上の利点

2015年に行われたげっ歯類のモデル研究では、リモネンとともにフェランドレンの刺激特性が試験され、二つのテルペンが抗痛覚過敏性と抗うつ性の両方を示すことが示されました。しかし、フェランドレンがこれらの特徴を単独で示すかどうかは不明です。

フェランドレンは、他にも抗がん効果(イン・ビトロ試験)および抗炎症効果(げっ歯類試験)があると考えられています。この初期の研究では、特に大麻から検出された微量レベルのフェランドレンが、ヒトへどのような影響を与えるかはあまり明らかにされていません。

参照:leafly

タイトルとURLをコピーしました