大麻合法化は闇市場を破壊するために必要だ

ニュース
この記事は約2分で読めます。

*引用歓迎です。リンクを記載し自由にご使用ください

カナダ・マニトバ州の大麻戦略に取り組んでいる官僚によると、大麻の闇市場を閉鎖するにはより多くの合法大麻と認可された生産者が必要なようです。

マニトバ州事務局のシニアプロジェクトマネージャーであるMichael Legary氏は、次のように述べています。

「大麻の闇市場を壊滅させるには法的な商品の供給が必要です。法的な製品が手軽に手に入らない場合、消費者は以前使用していた違法市場へアクセスすることになるでしょう。我々は現在、供給不足の環境にあります。業界では、供給不足が次の1〜2年間続くと予測されています」

小売店Delta 9 CannabisのCEOであるJohn Arbuthnot氏は、闇市場へのアクセスを回避するには十分な商品が必要なことに同意しています。Arbuthnot氏とLegary氏は、ウィニペグの金融アナリスト協会が主催した大麻業界イベントのパネリストでした。

Arbuthnot氏は大麻栽培には資金と労力が必要であるため長い時間がかかるとし、今秋に導入される食用製品が供給状況をさらに悪化させるかもしれないと言います。

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる

規制者は供給不足なしとの見解

カナダ保健省の広報担当者は、カナダの大麻不足に関して次のように応じています。

「大麻が供給不足であるということはない。ライセンス保有者がすでに承認された農場の生産性を拡大し、Health Canadaがライセンス申請拡大を承認するにつれ、全体的な供給レベルは毎月増加し続けている」

カナダ国内の合法大麻の供給量でおこるバラツキについて、法廷会計士のAl Rosen氏は次の2点を指摘します。

  • マニトバは小売大麻を拡大するために7つの農村コミュニティを作り上げること
  • 無許可の大麻を販売した生産者についてRCMPが調査していないこと

Legary氏によると、カナダ保健省が生産者の免許を発行するのにかかる時間が長いため、大麻の供給が制限されてしまっていると述べました。

「カナダでは大麻認可生産者への要求を行っている企業が何百もありますが、連邦政府は申請の認可に非常に長い時間をかけています」

なお、現時点でカナダ保健省は大麻生産者を増やすためにライセンス規定を緩和することは考えていません。これは、連邦政府の認可を受けた施設では年間約80万キログラムの大麻を生産する能力があり、カナダ人が消費する量に近いという分析から来ています。

大麻の合法化は闇市場への資金流入を抑制する目的が強いため、今後取られるカナダの先進的な取り組みには注目すべきでしょう。

参照:cbc

CBDの購入は長年運営の
Vape Maniaがオススメ!
Vape Maniaを見てみる
ニュース
よろしければシェアお願いします!
420FourTwoOをフォローする( `・∀・´)ノヨロシク
420 FourTwoO (フォートゥーオー)
タイトルとURLをコピーしました