大麻は様々な神経系の痛みを軽減する

学び By KSUK

大麻は痛みを和らげることで知られていますが、痛みはさまざまな理由で発生する可能性があり、正しい大麻製品を選択するのは困難です。どのカンナビノイド(THCCBD)が、それぞれどの疼痛タイプを治療することが示されているかを知ることは、診療所への訪問と共にとべき有用な情報です。

一般的に、痛みの種類は3つのカテゴリに分類されます。

  1. 侵害受容性疼痛
  2. 神経因性疼痛
  3. 中枢性疼痛(この種の疼痛の名称については明確な合意がなく、線維筋痛症が一般的な例である)

各タイプの疼痛は異なる起源を有しているので、それぞれ最適な治療戦略を有しています。

疼痛は脳細胞の協調的活性化から生じます。これらの脳は痛みの感覚を司っており、痛み信号の強さを調整することもできます。場合によっては、痛みを感じることなく身体的な傷害(侵害受容性の痛み)を起こすことがあります(事故後の最初の瞬間に無痛で歩き回ることができる自動車事故の犠牲者を想像してください)。

しかし反対のことも可能となり、身体的な傷害がない状態でも痛みを感じることはあるでしょう(すなわち中枢性の痛み)。これは気分や人間関係、そして怪我への注意などといった要素が痛みの感覚に関係していることの重要性を浮き彫りにしています。そしてそれは、最適な治療戦略として大麻を使用することができるということです。



大麻と侵害受容性の痛み

侵害受容性疼痛(すなわち炎症性疼痛)は細胞組織の損傷から生じます。このタイプの痛みは、一般に身体的損傷に続く鋭い痛みであり、ズキズキする痛みとして説明されるものです。

あなたが怪我をしたとき、損傷を受けた組織は修復するため多数の炎症細胞と免疫細胞を動員します。これらの細胞は、痛みを感じる原因となる脊髄から脳へと向かう神経上の受容体を活性化するタンパク質や化学物質を放出します。

侵害受容性疼痛は、炎症過程自体や誘発する信号を遮断することによって、損傷部位の疼痛信号を減少させることで弱めることが可能です。もう一つの戦略は、信号が脳の脊髄を上っていくときに効果を抑えることになるます。大麻は痛みを軽減するために、上記のプロセスを明確にターゲティングすることができます。

大麻に含まれる豊富なカンナビノイドのTHCとCBDは、損傷部位の痛みを軽減することができます。どちらも強力な抗炎症作用があります。 THCの抗炎症作用は、主に免疫細胞上のCB2受容体の活性化によって引き起こされます。これは、傷害に対する体の痛みを引き起こす反応を抑制します。また、CBDは炎症の原因を遮断することにより、活性化マクロファージ修復細胞を炎症誘発性タイプから抗炎症性タイプにシフトさせることで痛みを減少させます。

実際、侵害受容性疼痛の軽減に対するTHCおよびCBDの利点はげっ歯類(マウスなど)の炎症モデルおよびヒトの臨床試験において十分に実証されています。

THCは、CB1受容体を直接活性化することとオピオイド受容体の活性化を増加させることで、間接的に脊髄と脳のレベルで疼痛を調節することができます。CBDはTHCと同様に作用し、CB1受容体を活性化する内因性カンナビノイド、アナンダミドのレベルを増加させることによって疼痛処理に影響を与えます。

CBDはまた、痛みを和らげることができる内因性カンナビノイド系(ECS)を超えた多数の効果を有します。特に重要なことは、CBDが脳の主要な抑制性神経伝達物質「GABA」に対する受容体の活性を高めることです。この抑制効果を通すことで、CBDは痛みのシグナルが脳たどり着く前に弱めることができるのです。

気分が良いとき、あなたは怪我をしている事をほとんど考えないのではないでしょうか。前向きな気分は、あなたを悩ませる事象から注意を逸らすだけでなく直接脳に入る痛み信号の強度を弱めることができます。それはマインドオーバーと呼ばれる現象であり、痛みの初期症状へは強力に働きます。

時間が経つにつれて、大麻の消費による前向きな感情が達成されると、痛みを軽減する効果を弱めることは困難になってきます。これは、THCによるCB1受容体の活性化に対する耐性ができた結果であり、次はCBDにより緩和される可能性がでてきます。結果として、耐性リスクを低減しながら疼痛緩和効果を維持するには、長期疼痛治療のためTHCとCBD製品をバランス良く使用するべきです。

CBDはセロトニン受容体を活性化することで気分を改善することもできます。これは、不安やストレスを軽減する効果があります。鬱病および不安は慢性疼痛を抱える人々の間で一般的にあるので、CBDの気分改善効果は疼痛治療において非常に価値あるものとなります。

大麻と神経因性の痛み

神経因性疼痛は、侵害受容性疼痛と異なり体の神経系への損傷から生じます。これはごく普通のことです。神経因性疼痛は人口の7〜10%が罹患しており、神経を損傷するような激しい痛みが損傷により生じます。病気はまた、神経因性疼痛の一般的な根本的な原因です。

例えば、多発性硬化症では神経細胞の絶縁が破壊されることで神経因性疼痛を引き起こします。神経因性疼痛を引き起こすその他の疾患には、いくつか例を挙げると、パーキンソン病やHIV、糖尿病、帯状疱疹などがあります。化学的療法は体内にある多くの細胞に有害な影響を与えるため、神経因性疼痛を拡大させる一般的な原因になってしまっています。

神経因性疼痛は、イブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症薬の標的となる炎症に起因するものではないため、治療が非常に困難です。しかし、それが病気や化学的療法によるものであろうと、慢性的な神経因性疼痛の治療に大麻は有効になります。大麻は有望な治療法の選択肢であることが研究で判明しており、げっ歯類モデルおよびヒトの臨床試験にわたり、癌関連および非癌関連における両形態の神経因性疼痛において観察されています。

CBDに富む大麻は、セロトニン受容体を活性化することによって、化学療法誘発性疼痛の発症に対して非常に有効かつ保護的です。重要なことに、CBDは癌細胞を破壊する化学療法薬の有効性を損なうことがないため、化学療法患者にとって潜在的に有望な予防戦略とされています。

坐骨神経痛は、坐骨神経がつままれることで生じる疼痛の一例で、背中の下部と脚の下に痛みが生じます。坐骨神経痛では、CB1受容体が増加し活性化すると痛みが軽減されます。化学療法と非化学療法の両タイプの神経因性疼痛において、CB1受容体を活性化することの一般的な利点は、大麻が脊髄の痛み信号の強度と脳内での処理を弱めることによって、神経因性疼痛を軽減可能なところにあります。

侵害受容性疼痛と同様に、THCによるCB1受容体の過剰な活性化は最終的に効果の弱まりをもたらします。したがって、既に上記で説明していますがTHCとCBDのバランスが取れた大麻製品が長期的により効果的となります。

大麻と中枢性の痛み

中枢性疼痛は、神経系の機能不全から生じる疼痛の種類に対する包括的な用語として最近出現したものです。中枢性疼痛は怪我に起因することがありますが、多くの場合既知の原因がない場合に発生します。結果、原因が不明であるため特に治療が困難になる可能性が高くなります。線維筋痛症は、痛み信号が脳に伝わって処理されるという点で機能不全から生じる痛みの典型的な例です。他の中枢性疼痛と同様に、線維筋痛症の起源はほとんど知られていません。

中枢性疼痛は多様であるため、この疼痛カテゴリーにおける大麻の利点を調査している研究はほとんどありません(対象が絞りづらいため)。しかし、中枢性疼痛の治療における大麻の最もよく確立された利点は線維筋痛症です。26人の線維筋痛症患者を対象とした研究では、全員が大麻使用による恩恵を受け、半数が薬の服用を中止しました。これは、大麻が線維筋痛症および起源が不明な疼痛状態を有する人々に対して必要とされている痛み軽減を提供し得ることを示唆しています。

研究のまとめ

近年、大麻が多くの薬より副作用が少ない効果的な疼痛治療であることを示す研究が増えています。しかし、大麻の痛みを和らげる効果については、まだ「弱い」証拠しか主張できていないという報告もあります。悪影響が出ている理由としては、「高THC /低CBD」の大麻株を使用している可能性があり、これらは薬よりも有害な副作用を誘発し、耐性の発達とともに効力を弱めることが知られています。

高THCの製品は、使用初期においては効果的な鎮痛剤であるかもしれませんが、最適な疼痛緩和戦略を表すものではありません。代わりに、バランスのとれたTHC / CBD製品、またはCBDに富んだ製品は慢性疼痛状態に対してより優れた長期治療を提供する可能性があります。

日本ではTHC製品を手に入れることはできないので安心してください。あなたは高品質なCBD製品のみ購入を検討しましょう。

参照:leafly by Josh Kaplan, Ph.D.


カテゴリー:学び
タグ:CBD,THC,痛み

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。