慢性的な痛みへの解決法【大麻 vs オピオイド】

学び By KSUK

慢性疼痛は、人間を信じられないほど衰弱状態にさせる原因になり得ます。日々生活していくなかでこの状態は非常にストレスになるため、日常生活における他部分にまで影響を及ぼし、気分や健康、そして全体的な幸福感を下げることに繋がります。残念ながら、現在ある多くの治療法は名目上有効なだけです。オピオイドのような一般に処方される薬は中毒性が高く、潜在的に有毒です。 2014年には、過去2年間で2万8000人がオピオイドの過剰摂取で死亡しました(アメリカで)。慢性疼痛に苦しんでいるアメリカ人の5人に1人が、代替薬として大麻を選択しようとしてるのも不思議ではありません。

多くの人は大麻が効果的な治療法であると信じていますが、科学的にはどうでしょう?それは本当に他の薬よりも効果的かつ安全なのでしょうか?幸いなことに、大麻とカンナビノイドベースの製剤に関しては、慢性的な痛みを解消する手段として最も研究されているものの一つです。しかし、慢性的な痛みの原因は多様であり、侵害受容性、神経因性、中枢性などタイプも様々です。神経因性疼痛は、神経系の損傷または機能不全によって引き起こされます。

生物学は非常にユニークであり、人間が経験する慢性疼痛の種類や投与量、緊張、投与方法(蒸気を吸う、食用、チンキ剤など)を含む、多くの変数が大麻に対し異なって反応するでしょう。



大麻は慢性疼痛の緩和に効果的か

様々な疼痛および医学的問題を治療するためのエキソカンナビノイド(例えば合成製剤や植物由来のカンナビノイド)の有効性を調べる、ハーバード大学主導の28研究における包括的な系統的レビューにおいて、著者は「慢性疼痛、神経因性疼痛、および多発性硬化症による痙縮に対し、大麻の使用は質の高い証拠によって裏付けられている」と結論付けています。

レビューされた研究のうち、6件の一般慢性疼痛研究と5件の神経因性疼痛研究が患者の症状において有意な改善を見出しています。特に、ほとんどの研究はカンナビノイドの合成製剤に限定されていましたが、5件の神経障害性疼痛研究のうち3件は「大麻の喫煙」を調べ、2件は経口スプレー製剤を調べています。

サンフランシスコ総合病院の教授で血液/腫瘍学の首席博士であるDonald Abrams氏は、慢性的な痛みを治療するため大麻をサポートすると述べています。

オピオイドと比較して大麻の安全性を考えると、大麻の方がはるかに安全に見える。しかし、患者がすでにオピオイドを使用している場合は医師による綿密な監督なしに治療プロトコルを変更しないように強く勧める。

Donald Abrams氏より

大麻が持つカンナビノイドであるTHCCBDは、特に化学的な相乗効果が現れるので一緒に使用した場合鎮痛効果を引き出すことが知られています。

大麻とオピオイド

近年、北米ではオピオイドの流行が進んでいます。オピオイド処方箋は1999年以来約400%増加しており、この傾向と共に致命的な過剰摂取の増加が続きました。毎日、40人程度が処方薬の過剰投与により死亡しています。また、より安価で見つけやすく、そしてより強力であるためヘロインに移る人もいます。

大麻は解決策の一つになるのでしょうか?

可能性は十分にあります。多くの研究が、患者の疼痛を治療するためオピオイドの代わりに大麻を使用することができる、またはオピオイドへの依存を著しく減らすことができるという証拠を提供しています。

2016年3月にJournal of Painで発表されたミシガン大学の研究は、説得力のあるデータを提供しています。彼らは大麻に以下の利点を発見しています。

  • 他の薬による副作用の減少
  • 生活の質が向上
  • オピオイドの使用を(平均して)64%削減

研究者の一人であり、ミシガン大学医学部の疼痛管理麻酔科教授であるダニエル・クロー博士は、次のように述べています。

人々が服用しているオピオイドの量が多ければ多いほど、過剰摂取による死亡の危険性が高くなることを発見している。我々の研究におけるオピオイド摂取量の減少という結果は、過剰摂取による個人の偶発的死亡リスクに影響を与えるので非常に重要だ

コロラド州を拠点とする、IMPACT Networkという非営利大麻研究擁護団体に勤務する慢性疼痛患者のKevin Ameling氏におけるサクセスストーリーがあります。Ameling氏は、大麻が処方薬依存の人生から自分を救ったと述べています。2007年、彼は激しい痛みに苦しみ、オキシコンチン、トラマドール、クロナゼパム、レクサプロを含む処方薬を処方されました。痛みが非常にひどくなった事を受け、処方薬の用量を増や必要が出てきましたが、オキシコンチンは次第に効果がなくなったといいます。

Ameling氏は大麻が合法的であるコロラド州に住み始め、2013年に医療用大麻を試すことにしました。大麻を服用したことですぐに結果を達成し、処方薬の摂取量を大幅に減らすことができたと主張します。オキシコンチンの投与量を50%減らし、クロナゼパムを3mgから0.5 mg、レクサプロを30 mgから5mg、トラマドールを300mgから75mgに減らしました。

処方薬の投薬量を大幅に削減できたことをAmeling氏は以下のように語ります。

人生を変えた医療用大麻が、私にとってどのようなものであるかを言葉で表現するのは難しい。私は、中毒性と毒性の高い処方薬を高用量で服用しなければならないことを日々心配するようになった。しかし、医療用大麻を使用することで大幅に投薬量を削減できただけでなく、悪影響を及ぼすことがなかったんだ。これは、以前ではできなかったことだよ。

少しずつ試行錯誤することがベスト

また、Ameling氏は「私にとって喫煙は症状を悪化させる可能性がありますが、低用量の食用が最も効果的である」と付け加えています。

間違いなく選択した大麻株の化学組成と消費方法が結果に影響します。あなたの痛みに最も効果的な大麻株、投与量、そして好ましい投与方法を見つける前は、少し試行錯誤が必要でしょう。最も重要なのは、現在オピオイドを使用している場合は細心の注意を払うことです。治療プロトコルの変更は医師の管理下で行われるべきです。

CBD製品の利用も、一度医師に確認を取ることを推奨します。

そして最後に、カナダでトラウマと大麻を専門としている医師のマイケル・ハート博士が述べているアドバイスを頭に入れておきましょう。

慢性の痛みを治療するため大麻を考えるとき、格言である「より少なく」が大切だ。患者は、サティバやハイブリッドよりもTHCが高いインディカにおいて、より多くの軽減効果を見出すように思われる。我々は、これらの株は低から中程度の用量では非常に効果的である可能性はあるが、高用量では痛みを悪化させる可能性もあることを発見している。少量から始め、必要に応じて上げていくことが重要だ。

大麻に限らず、摂取するものは何事も低用量から始めていくべきです。

参照:leafly


カテゴリー:学び
タグ:CBD,THC,オピオイド

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。