大麻栽培が環境保全にもたらす5つのメリット

学び By KSUK

アースデイ(別名:地球の日)は、私たちが暮らすこの地球をより良くするために、自分ができることを考える絶好の機会です。これは、正しいリサイクル方法を知ることや、最適な公共交通機関を選ぶことを意味するかもしれません。また、地球について考えるもう一つの方法に、環境保全を優先する大麻ブランドを意識的にサポートすることがあります。

大麻栽培の長期的な環境への影響を見ると、特に産業界の人々が地球の「健康」を優先するための役割を果たすことがいかに重要であるかが分かります。

大企業がするためにさまざまな方法がたくさんあり、そして消費者は使い捨てのVapeを捨てたり、地元で栽培された大麻を買うことで、環境保護活動に参加することができます。

一部の批評家は、家庭菜園が大麻より環境に優しい未来を創ることができると考えているようです。しかし、大麻産業は地球を幸せで健康的な状態に保つための計画の一部になり得ることは事実です。

大麻がどのように地球の健康状態を高めることができるかについて興味がありますか?

アースデイだけでなく、地球に前向きな変化をもたらす事実について以下をチェックしていきましょう。



1.持続可能な代替品を提供する

織物や紙、住宅、食料、燃料に至るまで、麻の用途は非常に幅広く、日用品の製造方法や消費方法を完全に変えることができます。

麻は栽培が容易であり、何よりも良いのは廃棄物ゼロの植物であることです。健康製品として使用できる種子から、環境に優しい家を建てるための建築材料であるヘンプクリートになる茎まで、非常に多種多様な植物なのです。

2.気候変動の緩和をサポートする

実際に環境に役立つ大麻を育てる方法があります。メンドシノ郡南部のBeija Florのような炭素隔離モデルを利用する農場は、大気中の二酸化炭素を吸収することで地球温暖化を緩和または遅延させ、気候変動の影響を軽減できる可能性が非常に高いです。

炭素隔離は木や植物で自然に起こりますが、惑星を改善するための道具として意図的に大麻を使うことは革新的かもしれません。

3.エネルギーと水の節約に役立つ

農家が合法的に大麻を栽培することができない州では、大きな環境被害を引き起こす可能性があることを余儀なくされています。深刻な水の枯渇、大量の炭素排出、エネルギー消費の無駄などが挙げられます。大麻合法化は、地球の資源を傷つけ枯渇させる手段を減らすことに大きな影響を与えるでしょう。

乾式農法のような進歩的な技術や水をまったく使わない耕作技術の出現と相まり、大麻栽培は二酸化炭素排出量を大きく減らすことができると期待されています。

4.損傷した土壌を回復させることができる

大麻はバイオレメディエーションと呼ばれるプロセスを通して土壌中の栄養素を補給することができ、環境汚染物質と毒素を除去します。これは、過去の土壌被害復元に役立つことを意味し、将来的な耕作に良い影響を及ぼす可能性がある財産です。金属、農薬、溶剤、原油および他の危険物質で汚染された土壌を回復させる、「奇跡の作物」とさえ呼ばれています。

5.森林伐採を止めるのに役立つ

紙製品や建築材料を製造するために行われる森林の永久的な破壊は、地球に取り返しのつかない損害をもたらしました。麻は木よりもはるかに速く成長するだけでなく、同じ量の商品を生産するにあたり材料ははるかに少なく、木材と紙の優れた代替物となります。

すなわち、環境に優しいということです!

上記が、大麻を栽培すると得られる環境へのメリットです。筆者が読んだ本で、武田 邦彦先生の「大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~ 」は、上述の背景や歴史が非常によくまとまっていたので、ぜひ読んでみてください。

参照:cannabisnow


カテゴリー:学び
タグ:環境

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。