今、市場で最も人気な5つの大麻企業

投資/経済 By KSUK

現在、市場で最も人気のある大麻銘柄(株式)は何でしょうか。それは、人気の尺度を決めるところから始まります。

おそらく株式の人気を評価する最善の方法は、1日の平均取引量(出来高)を調べることです。取引量は、特定の株式に対する投資家の関心として重要な意味ある指標となります。

投資家が株式を売り払うにつれ、人気のない株式が高い平均取引量を持つ可能性があると主張するかもしれません。確かにそうですが、売り手の反対側には必ず買い手がいることを忘れないでください。

平均取引量に基づいた、現在市場で人気のある大麻株式は以下の通りです。

  1. Aphria(アフリア)「NYSE:APHA」
  2. Aurora Cannabis(オーロラカンナビス)「NYSE:ACB」
  3. Canopy Growth(キャノピーグロース)「NYSE:CGC」
  4. Cronos Group(クロノスグループ)「ASDAQ:CRON」
  5. HEXO(ヘキソ)「NYSEMKT:HEXO、TSX:HEXO」

このリストはアルファベット順に並べられており、主に大麻業界のビジネスへ焦点を当てている企業のみとなっています。

では、取引量順に並べられた各企業の概要を見ていきましょう。



1.Aurora Cannabis

Aurora Cannabisは、市場で最も人気のある大麻企業です。過去3ヶ月間、Aurora Cannabisの1日の平均取引量は1790万株を超えています。これは、2番目に人気の大麻株式と比較した平均取引量の約3倍です。

Aurora Cannabisが投資家に人気の理由は、いくつかあります。1つはアナリストが流行に飛び乗ったということです。もう1つは、Aurora Cannabisがカナダのレクリエーション大麻市場で2番目に高い市場シェアを持っており、国際的な医療用大麻の販売におけるリーダーであるということです。さらに、大麻業界の外からも大きなパートナー企業を見つけてくるというAurora Cannabisの努力は、同社がさらに高い株価をもたらすのではないかと考える投資家を惹きつけていることにあります。

2.Cronos Group

Cronos Groupは、驚くべきことに現在人気のある大麻株式として、第2位にランクされています。過去3か月間、毎日平均630万株近くのCronos Group株が取引された。

Aurora Cannabisとは対照的に、アナリストらはCronos Groupの業績見通しについて悲観的な見方を重ねてきました。しかし、投資家らはCronos Groupがたばこ大手Altria(アルトリア、ニューヨーク証券取引所:MO)から受け取った18億ドルを、将来の成長を促進するために活用することを期待しているようです。

3.Canopy Growth

Canopy Growthは時価総額では大麻企業でトップですが、投資家の人気としては3位となります。Canopy Growthの過去3か月の平均取引量は500万株強でした。

Canopy Growthは、積極的な事業拡大により投資家コミュニティから高い注目を集めています。同社は今年1月、ニューヨーク州に大麻の生産施設を建設し、本格的に大麻市場へ参入する計画を発表しました。Canopy Growthは今年4月、アメリカの大麻栽培会社(NASDAQOTH:ACRGF)を買収すると発表し、大きな話題を呼びました。

4.HEXO

HEXOは、人気の大麻株式リストで第4位の座となっています。同社の平均取引高は470万株近くで、Canopy Growthと大差ありません。

Aurora Cannabisと同様、HEXOもアナリストの好意的な評価を受けています。ケベック州の娯楽用大麻市場ではHEXOが30%の市場シェア取っており、これが投資家の注目を集めています。加えて、今後さらに拡大するカナダ市場のために大麻成分を注入した飲料を開発するMolson Coors Brewing(モルソン・クアーズ・ブリューイング、NYSE:TAP)とのジョイントベンチャーは、HEXOが近い将来さらに大きな成長をすると予想されています。

5.Aphria

Aphriaが大麻株式の第5位としてランク付けされたのは、それほど昔のことではありません。現在、Aphriaの1日あたり平均して420万株が取引されています。

近い将来、多くの投資家がカナダの大手大麻株式の中で、Aphriaが最も上昇する可能性が高いと認識しています。生産能力に関して、AphriaはAurora CannabisとCanopy Growthを間近に追っています。カナダのみではなく、国際市場での立場もしっかりとしています。最も重要なのは、Aphriaの評価額が生産能力に比べて魅力的に見えることでしょう。

最も成功する可能性が高い企業

高校で「最も人気」の投票は、生徒が受けることのできる栄誉の1つにすぎませんでした。もう1つに「最も成功しそうな」投票があります。

この第2の特徴は、投資家が株式を買う際に「人気」よりも注目すべき点です。

上述した人気の大麻株式のうち、最も成功しそうなのはどれでしょう。

キャパシティ(capacity)、キャッシュ(cash)、コネクション(connection)という3Cにおいて、どの企業が総合的に最高の評価を得ているか考えていきます。キャパシティとキャッシュは説明不要でしょう。コネクションというのは、他大手企業との重要なパートナーシップのことを指します。

これら3Cを用いると、Canopy Growthが上述した企業の中で最も成功しそうだと思えます。Canopy GrowthはAurora Cannabisに次ぐ、巨大な生産能力を持っており、保有する現金が一番多いです。Canopy Growthは大手企業のConstellation Brands(コンステレーション・ブランズ、NYSE:STZ)と提携しており、消費者向けブランドの立ち上げで大きな実績を上げています。

Canopy Growthは、今のところ最も人気の大麻株式ではないかもしれませんが、長期的に大きな成功を収めるための手段を持っているようです。

参照:Yahoo Finance


カテゴリー:投資/経済
タグ:Aphria,Aurora Cannabis,Canopy Growth,Cronos Group,HEXO

KSUK

HipHopが好きなことから大麻に興味を持つ。医療用途での研究結果から、さらに大麻へ深い関心を持つ。そんな23歳が運営しています。